健康飲料として注目される青汁ですが、
特に野菜不足や便秘対策のために飲まれている方が多いようです。

 

 

昔は青汁=まずいという印象しかなかったですよね。
ですが、今はさまざまな種類の青汁があり飲みやすいものもたくさんあります。

 

青汁はなぜ体にいいのか?

どんな成分が含まれるのかを紹介します。
まず青汁の定義というのはなく、
生の緑黄色野菜を絞って出来たものを青汁というようです。

 

 

ですので、商品によって使用されている野菜はさまざまなんですね。
緑黄色野菜の中でもよく青汁に含まれているのは、ケールや明日葉です。

 
以前はケールを使用したものが主流となっており、
ケール独特の臭いがあるために不味い飲み物の代表格となっていたものなのですが、
メーカーのさまざまな工夫により、おいしい青汁もずいぶんと増えてきました。
大麦若葉は、抹茶風味ですね。

 

 

どちらも一般的に売られている緑黄色野菜に比べてミネラルやビタミン類が豊富に含まれています。
生の野菜を使うので、栄養素が壊れないまま青汁として栄養素を摂取できるのです。

 

 
また、食物繊維も豊富に含まれていますので便秘に悩まされている方にはピッタリですね。

 

青汁に含まれている有効成分

・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ビタミンE など・・・

 

貧血などに効果的

・鉄分
・葉酸

 

 

実際に青汁を飲まれた方からの体験談としましては、
食物繊維が大量に配合されているところから便秘に効果的であったと実感する方が多いです。

 

 
夏バテや熱中症の予防効果や血圧の安定効果
・ミネラル
・カルシウム
・カリウム

 

 

さまざまな栄養素が含まれている青汁、
健康志向の人だけでなく野菜不足を感じた時などにもぜひ試してみて下さい。

 “