健康食品としてすっかり定着している青汁ですが、購入されて飲み続けている人はそれぞれに効果を感じているから続けられているようです。

 

 

 

健康に気を使われている方なら野菜もしっかりと食べられているはずなのに、それでも「青汁」を飲まれる理由には、現代の野菜の”栄養素”に問題があるようです。

 

 

今の野菜は、昔と比べて栄養価が1/5に減っている!



現在のスーパーなどで売られている野菜は味と食感を重視して品種改良されたもので、ほうれん草に例えると30年前のものと比べると栄養価は1/5ほどだそうです。
ほうれん草に限らずほとんどの野菜がそうであり、十分な栄養補給をしようとすると「5倍」も食べなければいけないのです。

 

 

青汁の原料・ケール、大麦若葉、明日葉の抜きん出た栄養価と生命力


一般に売られている青汁に使われる原料は「ケール」「大麦若葉」「明日葉」などが多いのですが、これらはあまりスーパーで食材としては売られていません。
理由は「美味しくないから」です。

 

 

しかしそれら青汁の原料となる野菜は、食卓に上がる野菜たちとは比べ物にならないほどの栄養価と生命力を持っています。

 

 

 

コップ一杯か二杯の青汁で人体に必要な野菜成分のほとんどを効率よく摂取でき、それにより美容や健康に大きな恩恵を与えてくれ、青汁を飲まれる方はそれを実感しているのです。

 

美肌をつくるためにビタミン摂取は必須!


肌のコンデションは美容はもちろん、健康のバロメーターでもあります。
青汁に含まれるビタミンやミネラルは人の体になくてはならない存在であり、それが欠如すると体調は崩れて、肌のみずみずしさも失われます。

 

 

コラーゲンなど、美容に良い栄養素で植物性以外のものもありますが、ビタミンCやビタミンB群が十分にないとうまく体内で活用できずに排出されてしまいます。

青汁に含まれるミネラルも同じで、肌のターンオーバーに不可欠な栄養素なのです。

 

 

またこれらのビタミンの中の水溶性のものは体内で蓄積されず、ミネラルも同じなので、毎日摂取する必要があるのです。

 

成人が1日に摂取すべき野菜の量は?

一日に人が摂取すべき野菜の量は350gと大量であり、
これを毎日続けるのは困難です。

 

 

栄養価の非常に高い青汁なら、その量をコップ数杯で摂取することができるので、野菜の量を摂るためにはぴったりの食品と言えますね。

 

 

青汁に含まれるフラボノイドやクロロフィルも強力で、人体を錆びて老化させる「活性酸素」を除去する働きが強く、抗ストレス能力も高いため、ストレスに晒されることの多い現代人には打ってつけな健康食品と言えるでしょう。

 

あなたも美肌と健康を保つために青汁生活を始めてみませんか?