青汁と聞くと、苦くてまずくて飲みにくいと思っている人がほとんどだと思います。
ですがそれは昔の話。
今は、青汁は苦くなく飲みやすくなっていて、さらには普段摂れない栄養を摂取できると人気となっている商品です。
ここでは、青汁は苦手と思い込んでいる人にぜひ知ってほしい情報をご紹介します。

 

青汁とは?

青汁とは、ケールや大麦若葉などの野菜を絞った汁の事を言います。
一昔前はケールが主流でしたが、今はケールの他に様々な野菜が使われるようになっています。

 

青汁と言っても商品によって原材料は様々で、原材料によって表れる効果も違ってくると言われています。

 

青汁の原料と効果

代表的なものはケールです。
それ以外には明日葉や大麦若葉、ほうれん草、モロヘイヤなどが使われる事が多いとされています。

 

ではそれぞれの効果はどのようなものなのでしょうか。
ケール : 青汁の原料の中で最も栄養価が高いものです。
ケールはベータカロテンやビタミンCをを多く含み、アンチエイジング効果があると言われています。

また、血糖値を下げる効果もあります。
総合して多くのビタミンやミネラルが含まれていますが、味にクセがあり少々飲みづらいのが難点です。

 

明日葉 : 食物繊維が豊富です。
さらには明日葉特有の「カルコン」という成分が老廃物を流してくれる役割があるため、むくみやデトックスに効果的です。
大麦若葉 : こちらも食物繊維が豊富で便秘解消に効果的です。
また、新陳代謝も促されるので美白、美肌を生む効果があります。
苦みがほとんどないので、飲みやすいのが特徴です。

 

青汁の製品のタイプ


青汁は、ドリンクタイプとサプリメントタイプの二種類存在しています。
ドリンクタイプは、粉末状の青汁を水や牛乳などに溶かして飲みます。
もしくはヨーグルトに混ぜたり、もしくは料理に少々入れてみたり、摂取方法は様々です。

 

 

自分の好きなアレンジ方法で摂取できるので飽きずに続けられるかもしれません。
一方、サプリメントタイプは薬を飲む要領で味を気にせず飲めます。
飲み物として、または食べ物に入れたくないという方にお勧めです。

 

青汁を飲むメリット

青汁を飲むメリットは、なんと言っても栄養価の高い成分を摂取できる事でしょう。
これによって健康的な身体に近づきます。
青汁はビタミンや食物繊維、鉄分などが豊富なので、便秘解消や貧血防止、アンチエイジングなど、様々な効果を生みだす万能の飲み物なのです。